2017年9月25日月曜日

娘の誕生日に思う

村田です。

皆さんはお子さんの誕生日
どんなことを考えますか?
どんなふうに過ごしますか?

今年の娘の誕生日は出産した日を思い起こすために
当時使っていたスケジュール帳を久しぶりに引っ張り出してみました。


育児日誌も1年書いていたけど、大切にしまい込みすぎて、すぐにみつかりませんでした(汗)。
娘の誕生日前後になると、“来年のスケジュール帳”が気になります。


当時はまだスマホは無く
SNSもやっていなくて
スケジュールもガラガラ。
“マンスリーだけのコンパクトな手帳”で十分事足りていました。

今のようにスマホから簡単に情報検索もできませんでしたので
何か調べようと思ったら、PCを立ち上げて。


当時と今年を比べてみると…

私の
好奇心も
情報量も
行動範囲も
交友関係もどんどん広がっていったけど

他者と比べて自信が無くなったり、
迷いが生じたりして…、
「私自身の“思いや考え”は、一体、どうなの?」と問いかけてみると
どんどん、うすボンヤリしていっている気がしています。

今朝、飛び込んできた中原先生のブログ
こんな風に人の意見や行動に翻弄されることもしょっちゅうです。


さて、
今年の娘の誕生日は、数年ぶりに平日でした。
随分前から「わが家でのお祝いは、お父さんがいる土曜日にしようね。」って
娘には伝えてありました。

ですが…
当日は
給食の時、班の子達に牛乳で乾杯してもらったそう(笑)。

夕方、習い事から帰宅すると
突然、“おかず持ち寄り会”が決まり、
「何もおかずないからー!」って一旦私が断るも、
子供達のパワーで押し切られ(汗)
「今日、誕生日なんだよね?おめでとう~!」と、声をかけてもらいました。


制限時間20分ほど。こんなメニューで参加する事もしょっちゅうです。
作り終わって遅れて参加したら、子供達は別のお宅の夕食でほぼ満腹になり、遊びに夢中…。


私達からのプレゼントやケーキは当日に無くても、言葉をかけてもらって嬉しそうな娘。
私は誕生日が夏休み中なので、お友達と過ごした経験はほぼ無いです。
身内以外にも
娘に「おめでとう!」って言葉をかけてくれる人達が増えていっていることは
本当に有り難いことだなあ!と思います。












2017年8月25日金曜日

私の夏休み

村田です。

前の記事で中国のトイレの話とかしましたが、
それは横に置いといて、
いつかチャンスがあったら、上海や南京へ“ホンモノ”を見に行ってほしい!
そんなスポットが今回もたくさん。
写真整理やブログ整理にも時間がかかっています。
もう少し、お時間ください。

さて、昨日1日だけ娘の習い事が午前&午後に。
場所への往復を含め5時間ほど拘束された日。
待ち時間は喫茶店で。1日2軒。
読みかけの本などいろいろ持ち込んで過ごしました。
“時間がもったいなくて、嫌だなあ…”と最初は憂鬱だったけど
“家事をほとんどしないで1人で過ごす1日”も、なかなか良かったです。


雑誌の付録。
まだ全部読んでないけど
筆子さんが書いた片づけ本をパラパラ。


手法やマインドは、これまた横に置いておいて
とにかく1週間、手を動かす!

なんか潔い文章でよいなあ、と思いました。


お昼は一度帰宅して、ササッと。
娘はそぼろ丼。
私はご飯が足りなかったので
そぼろうどん。

鶏肉そぼろ、いり卵、オクラ、モロヘイヤ、きざみのり


市販の麺つゆ&ゴマだれをちょっとずつかけてから、具材をのせてみました。
ちょっと想像と違った味になって美味しかったです。

お昼ごはん作りも、もうすぐおしまい。
2学期まであとちょっと。
お互いにがんばりましょう~!

2017年8月24日木曜日

“家庭”は社会の最小単位

村田です。

久しぶりのブログ更新です。
今年の夏休みは、5年ぶりに南京・上海へ。
旧友や知人と連絡を取るのに、メールの受信箱をさかのぼり
メールやスマホに電話しても、なかなかつながらず…。

最終的には微信(We Chat:中国版LINE)を再インストールし
ゼロから連絡の取り直し。
これがまた、スマホでの中国語入力に苦心。
全然、文章が書けなくなっている自分にショックが大きかったです(泣)。


中国での旅行記は、また後日。

さて、今回は子育てについて。

今回の旅行中、ちょいちょい感じたのですが…。
「“親”としての役割ってなんだろう?」ということ。


お友達が持っているので…、
娘もこの漢字ドリルが欲しくなり、とうとう買いました。
1年間で習う漢字
日本の1年生は80字、2年生は160字

確か中国の1年生は300字で、常用漢字は3500字と聞いてこの差にビックリ!



“親”と言う字のなりたちは、
「刃物で切った木+見る」
だそう。


中国は国土が広く、
人口も多く、
教育水準も都心部と僻地では雲泥の差があります。
夏休みということもあり、大都市には各地から人が集まってきました。

今回、初めて訪れた上海ディズニーランド。
ここにも全国各地から観光客が訪れていました。


どこも行列。
パーソナルスペースが日本人より近いというか…。
“ギュウギュウ感”と汗臭さと蒸し暑さに「もうヤダ!」と頭を抱える娘。


日本でもよく報道されるようになったので、ご存知かと思いますが…

・トイレが汚い
・所構わず用を足す
・道端にゴミがいっぱい落ちている、タバコのポイ捨て
・順番やルールを守らない
・排水管や下水管の整備のせいか?街が臭う
・うるさい

そんな現状を、ディズニーランドでも、街でも目の当たりにした娘。
確か5回目の訪中でしたが、
「中国は嫌い!早く帰りたい!」
と彼女は初めて、今回は何度も連呼していました。


「「ちょっと一緒に上海ディズニーランドに行ってみない?」って
日本人の知人を気軽に旅行に誘うことはできないなあ…。」
と、夫と私もウーンとうなりました。

まあ…
娘が「キライ!」と感じたことは、「違い」を知ったということ。
今まではボンヤリとしていた景色が、クッキリしてきたんだと思います。



日本人から見たら「マナーが悪いと感じること」。
つい、そうなってしまう理由はいくつかあると思います。
その事を「ダメだ!なってない!」
と中国の現状を批判する以前に
私が感じたのは…
「子供の頃から、これが当たり前」
といったふうに習慣化してしまっているルールや街の風景。
これを社会全体で変えていこうとするのって
本当に難しい事なんだなあ!ということ。

親が「マナーなんて、どうでもいい!」と思ってたら、
子供にも当然、そのように伝わっていく訳で…。
各家庭のさまざまな価値観が集まって社会がつくられていること。
そして、
はじめて訪中してから25年の歳月が過ぎても、
その価値観(道徳感ともいってもいいかな?)は、あまり変化していかないということ。


国家プロジェクトになっているんでしょうね。
こんな看板を、今回、街のあちこちで見かけました。



















我が母校のキャンパス内にも看板あり。


北京はオリンピック効果なのか?
街は随分きれいになりつつあるのですが、
久々に訪れた南京・上海では、ややショックが大きかったです。


別の見方をしてみれば
日本では街の“キレイ”や“静か”を保つ為の「暗黙のルール」がたくさんある!
ということ。
それを、各家庭や学校等、社会全体で何度も根気強く子供に伝え続けているから
今の現状が保てている、とも言えますね?


そこで“家庭教育の大切さ”を改めて痛感。
「家庭教育ってなんだろう?」
「親の役割ってなんだろう?」と思い、
また改めて文部科学相のHPを読み直しました。



昨晩も
「おかあさんの算数の教え方は、学校の先生よりも分かり易い!」
という娘の一言に、あまり素直に喜べませんでした。

私は娘に
「お母さんは“勉強を教えるプロ”じゃない。
お母さんが40年ぐらい前に習った足し算のやり方と、今のやり方は全然違う。
歴史の用語も変わってる。
いろいろなやり方がある事を知るのはいいけど、まずは教科書のやり方を覚えてほしい。」

「先生の言っている意味が分からないなら、
習った時にすぐ先生に質問しないと、○○ちゃんはどこが分かってないのか気づかないよ。」
と伝えたところです。


“母親である私”は
学校や塾の先生、ではないし
我が子の為にご飯や掃除をするせっせとする召使いでもない。
お友達でもない。

でも
生きていくための術とか…
“学校では習わないことを教える役割”は、ある。


親は
我が子のよき理解者?
我が子の見方?
我が子のサポーター?

皆さんはどのようにお考えですか?






2017年7月28日金曜日

“ワンオペ育児”改革って良い事、のはずなんだけど…


村田です。

小学生の娘が夏休み。
今日で1週間が過ぎました。
今年の夏は蒸し暑い!皆様、体調はいかがですか?


うちの娘、
こういった“宿題できたらごほうびシール”的なことではなかなか動かないのですが、
シールを無地の事務的なものからこれに変えたら、ちょっとウキウキしてます♪


あまり、きちんと言いたいことがまとまっていないのですが
今の気持ちを残しておこうと思います。
“ちゃんとした根拠”とか“説得力のあるデータ”とかもないし、
いろいろ反感をかうかもしれないけれど、
あくまでも今の私が、私の身近な人達を見ていて感じていること。


娘が産まれた時期はちょうどイクメンブーム。
その頃から今まで
「共働きの夫婦の家事分担は平等にするべき!」みたいな風潮が
どんどん広まって来ていますが、
「お互いが本当に合意の上で話が進んでいるのかな?」と、
首をかしげたくなるようなご夫婦の話をよく聞きます。

「自分が見聞きした方法がうまくいった!ウシシ(^_^)v」と、
奥様はイキイキして話してくれるんだけど
度々お会いする旦那様の表情は、反比例して表情が暗くなり疲弊していってる…。

我が家もまだまだ家事分担については、発展途上。
私もエラそうなことは言えません(爆)。



私が専業主婦なこともあり、
分業している家事はとても少ない方だと思いますが、
「夜、帰宅が遅い夫の1人分の洗い物」は、娘が産まれて以来、ずっとお願いしている事の1つ。

これが上手くいったポイントは、
私が自分で分析するに…

*いつまでに?(朝ごはんの準備をする前までに)
*どこまで?(食器を洗って、水切りカゴに伏せておくまで)
で、OK!
としたこと。


私はつい“自分のやり方やこだわり”を押しつけてしまいがちですが
途中経過や方法については
*見ない!(先に寝る。見るとあれこれ小言を言いたくなるから。)
*クチを出さない!
を貫きました。

クチを出して失敗した事は、確か風呂掃除の引き継ぎ…(^_^;)。
娘にもお手伝いお願いする時にもそうしなきゃなぁ…
と、これを書きながら反省。



あとは、特に子供が小さい時ほど
ママの方が
「平日は私が1人で子供の面倒を見てるんだから、週末ぐらい子育てや家事を休ませてよ!」
って気持ちになりがちですが、
いつだったかな…?
サラリーマンで、チームで仕事をする時間の長い夫。
「俺だってたまには週末にゆっくり身体を休めたいし、1人っきりで静かに過ごしたいよ…。」
と、普段、不平不満をほとんど言わない夫にボソッとつぶやかれて、
(同じく1人で過ごす時間も大好きな私が)
「ハッ!」とした覚えがあります。


職業柄、学生などの目が気になり街をあちこちブラブラできない人、
一人で喫茶店やレストランに入るのが苦手な人、、
外出をする体力・気力すら残っていない人だったら…

(夫はそういう人だという訳ではないですが)

もしも、そういうタイプの男性(女性)だったら…、
尚更、くつろげる我が家でTVを観たり、読書したりして
のんびり過ごしたいのではないでしょうか?

なので、
たまには週末に“思いっきり好きなように過ごす時間”を作ってあげる。とか?
自分のやり方を強行突破してばかりでなく、
「仕組みや役割の変更・改善」について
相手が言い出しにくくなるような威圧的な態度・状況もなるべく避けて、
“相手のWANT”も理解する、取り入れることも必要なんじゃないかな?と。
話し合い、方法の試行錯誤が足りず、
一方的に事を進めている感じの人が多いように感じています。
私も気をつけないと
「こうした方がいいに決まってる!」と、ついなりがちです。


例えば、我が家の場合。
夫の1人時間捻出について…。
*週末に夫が在宅する時は、平日中に自分が身体を休める時間を少しずつでも捻出します。
*家族で買い物に出かける際、彼1人で本屋に行く時間を作ります。(交代で私も♪)
*娘と2人で実家に帰ったり、週末のイベントに参加したりして、たまに家を空けます。
*娘がまだ小さい時に、夏休み、夫だけで海外に旅行に出かけたこともあります(笑)。


それから、
5月に『育児は仕事に役に立つ』という本の読書会に参加した際にもお話したのですが




他の家族の夫婦が、実際に子育てにどのようにかかわっているのか?
家事分担はどうしているのか?
見たり聞いたりする機会が女性より男性の方が少ないです。
モデルとなっているのは、自分の父親ぐらい。
(若いパパ達はちがうのかな?)

でも、昨年、中国人の家族と私達家族でディズニーランドへ遊びに行った際、
(その時のブログは→コチラ

百聞は一見にしかず!

「お互いが“あうんの呼吸”で、
自主的に子供達のサポートをするってこういうことねー。なるほどー!」と、
中国人夫婦の行動や子供との関わり方を見ていて参考になりました。


私達親子もまだまだ改善の余地ありですが、
お互いの意見やこだわりは伝えつつも、
任せる時は自分のやり方を押し付けず!
みんなが気持ちよく“マルチプレーヤー”になっていけたらいいなあ!と思います。
我が家の試行錯誤は、まだまだ続く…(汗)。

夏休みのお出かけ第1弾は、豊橋祇園祭。
花火を見たのは6年ぶり♪











2017年7月19日水曜日

“オトナの守備範囲”って?

村田です。


ご無沙汰しています。
自分を取り巻く環境の変化に伴い、あっという間の1ヶ月間でした。
明日は娘の小学校の終業式。
夏休みに突入です。

私にとって、貴重な“給食ラスト”の日。



朝早くから隣の市の警察署まで両親に車で送迎してもらいました。
娘の落とし物を受け取りに…です(泣)。



その後
“子育て相談”へ足を運びました。

子育てに関する悩みを聞いてもらうのは久しぶり。
といっても、
前日は
「壊れたスマホをどうしたら良いか?」、困りごとの相談は2日連続。

昨日と今日の、相談に乗ってもらった後の感想は全く違う物でした。
話を聞いてもらった感覚”が、雲泥の差。

「この差はなんだろう…?。」

このことは、もう少し自分の中で、熟成させていきたいと思います。


忘れないように、今日、書き留めておきたいのは
オトナの守備範囲について。

打順が回って来た子供がバッターボックスで構えているとしたら…
親はライト(バッターから一番遠いポジション)で構えているぐらいがちょうどいい!
ということ。

でも、私たちオトナはつい…
★バッティングコーチになって、そばであれこれアドバイスしすぎたり、
★キャッチャーの位置から罵声を浴びせたり、
★ピッチャーになって、おもいっきりデッドボールを投げたりしがち。

野球の分からない人には“わかりづらい例え”でごめんなさい(>_<)。


そして、更に…
★子供のバッティング・フォームの悪さや、ヒットや空振りの数ばかりに注目しがちで
★“自分の守備範囲”を確認することは、ほとんどしません。

子供より自分には経験があるから正しい、っていう過信や
親である責任とかが邪魔をして
おそらく確認する事を怠ってしまうんだね…。



「おーいライト!
バッターが手ごわそうだから、もうちょっと離れた所で守っていこ~!
いつでも前にダッシュできるよう、気を抜かないようにね。」


そんなことを
“守備側のコーチのような視点”を持つ相談員さんとの会話から気づかせてもらいました。

そして、すぐに実家へ向かい、
じいじ&ばあばにも報告。
「娘や姪っ子達に接する際、今年の夏休みはまず、こういうスタンスでいこう!」
と、短時間ですが作戦会議をしました。


夏休み直前に、こういう話が聞けてよかった。
聞いたからと言って
すぐに自分の行動や習慣を変えるのは、
なかなか難しいけれど…
まずは心構えから。
明日から、お互いにがんばっていきましょうねぇ~~(^_^;)。


今日もバスを降りた途端、大粒のにわか雨。
ちょっと気温が下がり、
私の頭の中もクールダウンした気がしました。



2017年6月23日金曜日

“こたえ”が簡単にみつからないからこそ、面白い

村田です。

ごぶさたしています。
気づけば6月もあと1週間。
こんなにブログ更新の間隔があいたのは、初めてかもしれません。
この1カ月間は、本当にあっという間に過ぎていきました。


今日は小林麻央さんの突然の訃報、
私の身近な人達も、癌を患う人が最近多くて…
親族の方々の気持ちを思うと、朝から胸が痛みました。



さて!
今朝、こんな記事を見つけました。

答えのない「もごもご話」

これは、子育てに限らず、
「何かを学ぶ」ことにも、共通していると思います。

6月初旬に参加した
「ウィキペティアタウン in 鶴舞」も
資料をもとに、“昔の名古屋”へタイムスリップ。
その楽しさも、この記事に書かれているのと似ているなあと思いました。

当日の様子は、ウィキペティアに書き込む為のオブザーバーとして参加されていた
ロバさんのまとめを、是非、ご覧ください。


ウィキペディアタウン in 鶴舞に参加する



先週末はかわのゆみこさんのソーシャル修了生による夕食会に参加したのですが…
その時も似たような話をしたところです。

“考えることをやめない”って、楽しい!

ご一緒した皆様と、そんな事を再確認した夜でした。


小さなお子様がいても、気軽に参加できるよう
かわのさんが開始時間や場所もセレクトしてくださって…。
本当にありがたかったです。




最近、何度も利用した東山線。
他の路線と違って、平日昼間は発車時間が明記されなかったことが数回。
「いつ来るのかな???」と、待つのもまた楽し。



現在、9月~始まる春日井会場(12期)の受講生を募集中です。
私は行動分析の勉強会の際、
会場の大和エネルフカスタマーセンターまで、
JR春日井駅から歩いて行くことが多いのですが、15分もあれば到着できますよ~!
(不馴れな人は30分程、かかるかも…ですf(^^;。)

詳細はコチラ

で、
考えながら、すこーしずつでも動くのだ!

2017年5月31日水曜日

苦手な事にこそ、“段取り力”!

村田です。

お休みが多かったせいか?
5月もあっという間に過ぎました。
明日から6月、なのにこの暑さ。
動くのがちょっとおっくうになってしまいそうです。
 
 
先週末は、夫の実家でのんびり。
ちょっとだけ読書も進みました。
ツン読になっていた本から、最近目を通した本。



「大人のADHD」のための段取り力


診断がついているか?は確認していませんが
(おそらく)ADHDの人達と関わっていくということは、
ちょっとした“コツ”が必要だなあと、最近感じています。

お子さんの場合は、
「これからトレーニングを始めれば、改善できるかも?!」
と希望が持てる部分や可能性がたくさんありますが、
大人の場合は、これまでの習慣や考え方を変えるのには大変な労力が必要。
接している私達も
「大人なのに、なんでこんなことができないんだろう?」
という“フィルター”を外すのが、子供の場合より大変です。
やり取りが上手くいかないと、私の方が相当へこみます。


アラフィフになってから、
記憶力の低下、体力の衰え、更年期が始まったか??
自分自身も段取りよく物事を進めることが、以前より難しくなってきました。

もともと
片づけ下手、忘れ物、方向音痴、遅刻…
「段取りは完璧!」
と自信を持って言えるほどではなく、
私も、もしかしたら…と思い当たる節もあります。


それに加えて、年々老いていく両親達…。
年相応に“物忘れ”がひどくなり、
以前のように、必要なモノがパッと探せず
思うように行動できない自分にイライラしているのを目の当たりにしたり。

娘も、朝の出かける準備などは出来るようになってきましたが
学校生活に随分慣れてきて気が緩み、
1年生の時より、忘れ物が増えてきました(泣)。
週単位
月単位
で先の見通しを立てるのも、まだまだ難しそう。


この本はタイトルに
「大人のADHD」のための
と、ついていますが、
子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の人も使えるテクニックが掲載されていると思います。
イラストも多いので、読みやすいです。



ここで言う“段取り力”とは
視野を広く長くもち、道筋をつける力。
だそう。


そして、本当に自分達の身近な人が

「言い訳をしているんじゃなくて、
やるべきことから逃げているんじゃなくて、
努力しても本当にできない!
と、
苦しんでいる人がいる。
助けて!って言えない人がいる。」

という事実を知ることができる本だと思います。
もし、ご興味がある方は是非~♪


どうやって
行動分析を実生活に活かしていくか?
こちらの記事も、参考になりました。

そして、先日放映されたETV特集も、本日5月31日の深夜に再放送です。

男の子の一言、一言に重みがありました。
この小学校のような取り組みがもっと広がっていったらいいなあ。




アジサイ、色づいてきましたね~♪